無職の潜入捜査官 | 博物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博物

上野の科学博物館へ
企画展のインカ帝国展は混んでそうなので横目にして、常設展にまっすぐ
ひとまず、無料(カンパ箱有り)の縄文人展から、、
上田義彦(写真家)+佐藤卓(グラフィックデザイナー)+国立科学博物館っていう三つ巴企画
ちゅーことで写真がカッコイイ!
実物も松本零士的なドクロ形な縄文人とそうでない縄文人の二人分
この展示から日本館1階の天、地、時、小を知るエリア
2階から最後までもう、情報ありすぎ
剥製も何だか怖くない(なんでここにいるかがわかるからかなぁ?)
江戸時代の女性が屍蝋化したものが展示されてて、強烈な印象(撮影不可)
地球館2階「たんけん広場」脇にある変形菌が顕微鏡で見れて大興奮まちがいなし!
例の迷路を解いちゃう粘菌だよ!すげー!(興奮して撮影を忘れてる、、、)
屋上のハーブガーデンは脱法じゃないからカレー臭がして、ちょっとお腹が空くよ!
大概の展示品を撮影できるからナニを見たか思い出せるから嬉しい(撮影したものしか思い出せないけど)

翌日には内容が充実しすぎて忘れちゃってるから、ICカードを借りて展示品脇でICカードでチェックすると帰宅後、ネットでチェックした展示品情報が確認できるそうなので、そちらをおすすめ

けど、ほんと情報が多すぎて見たそばから忘れてしまうのがオイラのスペック不足をものすごく感じる
もう一度、行きたい!
あー、科学未来館も何年かいってないな、行きたい欲が出てキター!

ちなみに食事は博物館内にあるレストランでカレーライスを選択
ココのレストランは上野精養軒なので名物カレーかとおもいきや、名物カレーのレシピとはちょっと違うらしい
(そういえば、六本木に上野精養軒のカレーライス屋さんがあったなぁ、一度だけ食べたけど忘れてしまったなぁ)


国立科学博物館 - 地域情報動画サイト 街ログ


JOMONESEJOMONESE
(2012/06/02)
佐藤 卓、篠田 謙一(国立科学博物館 人類研究部) 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nonpoly.blog.fc2.com/tb.php/477-2eae0ac0

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。