無職の潜入捜査官 | 007 白紙委任状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

007 白紙委任状

007といえばロジャー ムーアが演じるジェイムズ ボンドでイアン フレミングのオリジナル小説は中学生のオイラにはボンドガールのおっぱいもないし、爆発もないし、高いところから飛び降りたりっていうドキドキワクワク感がなくて挫折した思い出
それから十数年、好きな作家が007の小説化したっていうじゃない。んで、読んでみるじゃない
そしたらさぁ、、、、
完全にジェフリー ディーヴァーの世界にジェイムズ ボンドが出てきてる物語の展開
舞台がアメリカではなくセルビア、ロンドン、ドバイ、南アフリカと世界中を股にかけるけど、大胆に動けるリンカーン ライムシリーズみたいなどんでん返し優先で冒険小説の魅力「主人公がかっこいい!!」ってハードボイルド感が無い
しかも、ジェフリー版007はシリーズ化しそうな結末
面白いんだけどジェイムズ ボンドっぽくないんだよなぁ
あれかなぁ、オイラにとってのジェイムズ ボンドは映画の印象が強いのかなぁ

007 白紙委任状007 白紙委任状
(2011/10/13)
ジェフリー・ディーヴァー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nonpoly.blog.fc2.com/tb.php/611-3ad3b274

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。