無職の潜入捜査官 | ジャック ケッチャム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャック ケッチャム

1992年5月12日から13日の朝までの悲劇
暴力夫にくたびれた女がベイビーシッターと娘スザンナが待つ家にパートから帰ってきた途端、バラバラにされちゃうところから物語は始まる
この時点で血みどろ、血まみれ
そんな気狂い事件が11年前にも起きていて当時の警察官ピーターズに相談が持ち込まれる
ピーターズは奥さんは亡くなっちゃってるし、
11年前の事件を思い出したら飲まなきゃヤッてられないほど
じゃあ、どんな事件かっていうと詳しくはわからないけれどイントロの事件のような被害者が何人も居たっぽいくらいの変態殺戮事件
そして、犯人は一人じゃなくて複数の様子!?しかも、子供がいる!?
なんだよこれ
メリケン宿無し部族殺人事件かよ
被害者グループの善人度も高いし、加害者グループの人でなし度も高い中に被害者グループの関係者に普通の人でなしが出てきてそいつも関係しちゃうからもー、大変

舞台はカナダが近いってことでオイラは海が近いツインピークスって設定の景色を頭の中で浮かべながら読んでみた(山間部のツインピークスに海ってデタラメだなぁ)

ジャック ケッチャムってどんな小説書いてるんだか知らないぁ、面白いかな?
なんて、気持ちで読んでみた一冊
オイ!読んでるよ。このエグい描写で思い出せなかったのかよ、オイラ
暗黒少年時代、ノワール スタンド バイ ミー「隣の家の少女」を読んで「オエーッ」ってなっただろう、オイラ!
作家を思い出せない位なんだから「襲撃者の夜(off spring)」が「オフ シーズン(off season)」続編だってことも知らず
表紙に原題「off spring」が書かれてたけど全然意識してなかったし、「オフシーズン」って作品を知らなかった
「off spring」が子孫って意味っつーことは「off season」と関係あんの?
なんつー事は訳者あとがきを読んで意識した次第
前作を読んでなかったから面白くなかったてことは全然なくて、順を逆にして読んでも十分に面白そう
いま背表紙の解説読んだらちゃんと前作のタイトルが書かれてる。全然解説も読んでなかったんだな

襲撃者の夜 (扶桑社ミステリー)襲撃者の夜 (扶桑社ミステリー)
(2007/05)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る


オフシーズン (扶桑社ミステリー)オフシーズン (扶桑社ミステリー)
(2000/09)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る



「襲撃者の夜」の訳者あとがきにジャック原作映画化が3作紹介されてて日本版があるのは
「黒い夏」と「隣の家の少女」の2作

黒い夏 (扶桑社ミステリー)黒い夏 (扶桑社ミステリー)
(2005/06)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る

THE LOST -失われた黒い夏- [DVD]THE LOST -失われた黒い夏- [DVD]
(2009/08/27)
マーク・センター、シェイ・アスター 他

商品詳細を見る



Jack Ketchum's The Lost: International trailer

予告編を見ると十分にエロ・グロ・ナンセンスが大盛りの様子
文字だとどんな感じなんだろう、コレも読むのが楽しみ

隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)隣の家の少女 (扶桑社ミステリー)
(1998/07)
ジャック ケッチャム

商品詳細を見る


隣の家の少女 [DVD]隣の家の少女 [DVD]
(2010/09/08)
ブライス・オーファース、ダニエル・マンシェ 他

商品詳細を見る



映画『隣の家の少女』予告編

うわぁ、ヤナ感じ全開じゃん。コレは観てて辛い映画だ
文字の時も「うわぁ」だったけど映像でも「うわぁ」ってなりそうだ
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nonpoly.blog.fc2.com/tb.php/783-3bd73652

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。