無職の潜入捜査官 | 鍵のかかった部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のかかった部屋

テレビドラマからのアプローチ

義父との関係の「鍵のかかった部屋」
次期社長問題の「佇む男」
忘れた「歪んだ箱」
狂った劇団の「密室劇場」の4作

小説の楽しみは短いけれど犯人の動機とその物語
トリックは作家のこだわりでしかないから、結構どうでも良い
いかにトリックが現実的であろうと非現実的であろうと気にしているのは密室トリックマニアだけ
トリックと密室を用意しなければならない中での作家の短編物語が面白いかどうか
そりゃ面白いのもあれば、つまらないのもある
だから、密室モノで短編ってキワモノカテゴリーが無くならない

(20/01/'13)

鍵のかかった部屋鍵のかかった部屋
(2011/07/26)
貴志 祐介

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nonpoly.blog.fc2.com/tb.php/929-e4de8d31

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。