無職の潜入捜査官 | 木々の向こう側

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木々の向こう側

とび森photo

とび森photo

また、めしを食うためだけの仕事がきた
俺に鬼になれという
秋田までいかないことがマシってだけだ
朝から晩まで鬼の面をつけ、豆を村中から投げられる。そのあと片付けも込みだ
親に話したら、普段の仕事よりは涙を流して喜んでもらえる仕事内容だ
だからといって、村人から涙や、悲しみがなくなるわけではない
村の何処かで父親が子供や妻に暴力を振るい、誰かが誰かを騙し、罠にはめる。
子供たちが麻薬で稼いだ悪銭で見栄を張る大人をヒーロー視する
妬み、嫉み、僻みの三姉妹が勢揃いした時、
誰かの手に凶器が握られ誰かの血が床にたまり、子供は涙を流す


だが、休憩は必要だ

とび森photo

とび森photo

おいでよ どうぶつの森 かんぺきガイドブック (ファミ通の攻略本)おいでよ どうぶつの森 かんぺきガイドブック (ファミ通の攻略本)
(2005/12/28)
ファミ通

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://nonpoly.blog.fc2.com/tb.php/938-cedab0c6

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。